更年期障害を改善する様々な方法|病気は原因を知って治療する

女性

注目のがん治療法

笑顔

第4の治療法です

がんの治療法としては、手術、薬物療法、放射線療法の三大療法がよく用いられています。しかし手術は患者の体に負担をかける、薬物療法には副作用がある、放射線療法には被曝により影響があるなど、それぞれの治療法には問題があります。そこで近年注目されているのが免疫療法です。免疫療法とは、患者の免疫細胞を強化し免疫力を高めることで、体内に侵入した細菌やウイルスなど異物を排除する機能を高める治療法のことで、がん細胞に対しても用いることができます。免疫細胞にはNK(ナチュラルキラー)細胞がよく用いられます。NK細胞は、ウイルスや細菌などの異物やそれらに感染した細胞、がん細胞を発見するとすぐに攻撃し排除することで体を病気から守ってくれています。

副作用がありません

このNK細胞を患者の体内から取り出し、強化してから体内に戻すことでがん細胞を退治しようというのがNK細胞療法です。実際の治療では、まず患者の血液を少量採取し、リンパ球のみを分離します。分離したリンパ球に含まれているNK細胞を数十倍に増殖、活性化した後、生理食塩水とともに静脈から患者の体に戻します。そして増殖・活性化したNK細胞ががん細胞を攻撃します。NK細胞療法は患者の細胞を利用するため副作用がないという長所を持ちます。また、胃がん、腎臓がん、前立腺がん、大腸がん、肺がん、乳がんなど、がんと名の付くほぼ全ての病気に対して用いることができます。さらにNK細胞療法は他の治療法との併用も可能なため、三大療法と組み合わせて治療を行うこともできます。NK細胞療法には保険が適用されないため自由診療となります。費用は6回投与の1クールで約100万円から200万円程度です。