更年期障害を改善する様々な方法|病気は原因を知って治療する

女性

自らの免疫力を活性化する

悩み

樹状細胞の役割に着目

私たちの身体に備わっている免疫には、様々な細胞が関係しています。その前に、免疫というのは、ウイルスや細菌等の外敵や、体内にできるがん細胞等から身体を防御するためのシステムのことです。ですから、免疫力が強いほど病気にかかりにくいということができます。そして、免疫に関与している細胞のことを免疫細胞と呼び、リンパ球を始め各種顆粒球やマクロファージ、そしてナチュラルキラー細胞や樹状細胞等が知られています。これらの細胞には独自の働きがあって、中でも樹状細胞の役割に着目し、がん治療に活用するようになったのが、樹状細胞療法と呼ばれる治療法です。要するに、樹状細胞療法とは樹状細胞を使って、自らの免疫力を活性化するがんの治療法なのです。

考えられるメリットとは

樹状細胞療法は、がんにかかってしまった患者から取り出した樹状細胞を培養してその数を増やし、樹状細胞にがん細胞の情報と活性作用のある物質を与えることで、樹状細胞を臨戦態勢にするのです。そして、再びがん患者の体内に戻された樹状細胞は、まずリンパ球であるT細胞を活性化し、T細胞はさらに自らが放出するサイトカインによって、様々な免疫細胞を活性化し、システマティックにがんと闘うことができるようになるのです。樹状細胞療法で考えられるメリットは、転移が起こり治療困難と考えられるがんでも治療できる可能性があるところにあります。また、樹状細胞療法には副作用がなく、入院せずに治療が続けられるところも大きなメリットです。