更年期障害を改善する様々な方法|病気は原因を知って治療する

女性

検診で早期発見が可能です

困る

関心が高まっています

乳がん検診とは女性の乳房に発生することのあるがんを発見する為の検診です。婦人科などの病院、または市町村などの集団検診でうけることが可能です。子宮がん検診などと共に一定の年齢以上の女性に実施が推奨されています。市町村によっては数年に一度ずつ、検診の書類が届く場合もあります。乳がん検診の検査方法としては触診の他にエコー検査が行われます。超音波を用いてまんべんなく乳房内の観察を行います。時間はそう長くはかからないものです。近年では有名女性タレントの検診やがんについての報道から関心が高まっています。そういった世論に後押しされる形で今まで敬遠されている部分もあった乳がん検診が身近なものになりつつあります。

早い対応が可能です

乳がん検診を受けることで得られるメリットは多いです。どのがんに関しても共通することですが、年齢が低い場合の方ががんの進行が早いというデータがあります。自身で触診を行った時、しこりや異常を感じた場合は低年齢であればあるほど早めの受診がおすすめです。また乳房内にがんが発生することで、病状によっては手術で乳房を切除するというケースがあります。こういった場合でも早く対応していくことで、乳房を保存できる確率が上昇します。さらにがん細胞は成長すると転移が起こるケースもあります。早期発見することで体内の別箇所への転移を食い止めることができます。また婦人科を受診することでその他になやみごとや検診なども一緒に行うことも可能です。