更年期障害を改善する様々な方法|病気は原因を知って治療する

女の人

検診で早期発見が可能です

困る

乳がん検診は女性の乳房に発生するがんの有無を検査するものです。一定年齢以上の女性には子宮がん検診等とともに検診を受けることが推奨されています。早期発見や対処を行うことで深刻なダメージや転移などのリスクを低く抑えることができます。

詳細を確認する

加齢が原因の健康不良

医者

薬物療法での注意事項

更年期障害は加齢が大きく影響し、女性ホルモンのバランスが乱れ発症するものです。この中高年の女性に頻繁に見られる不快な症状は、医療機関では薬物療法が適用される事も多くあります。更年期障害の症状を薬物で治療する場合、ホルモンを補充する方法が一般的です。このホルモンの補充に伴い、軽度の眩暈や吐き気、下腹部の張りなどをもたらすこともあります。しかし、これらの副作用は身体がホルモンのバランスを取り戻すことで改善する事が多く、数週間程度の短期的な症状となる事が一般的です。そのため、医療機関でホルモンを補充する治療を受ける際には、予め副作用の典型的な兆候を把握しておく事が過度な心配を防ぐ為にも大切なポイントです。

ホルモンバランスの正常化

更年期障害におけるホルモン療法は、顔のほてりや突発的な発汗など、更年期障害の典型的な症状を上手くコントロールする事が出来るものです。また、更年期障害に頻繁に見られる動悸も改善出来る為に、日常生活に支障を来たす数多くの症状を緩和することが可能です。更に、ホルモン療法に加え、漢方を使用したり、精神的な安定を得るために抗鬱剤を併用することも効果的な手段となるケースが見られます。そのため、個々の症状や健康状態に合わせ、複数の治療法を組み合わせる事が更年期障害に対する理想の治療法となることがあるのです。更年期障害の症状には個人差が大きくなる為、現在の健康状態や症状に配慮し、治療方法に工夫を凝らす事が必要です。

自らの免疫力を活性化する

悩み

がんとは三大疾病と言われているように日本では多い病気で重い病気とされています。そんながんに今、期待されているのが樹状細胞を用いた樹状細胞療法です。これでは関わるのが免疫力なのです。

詳細を確認する

注目のがん治療法

笑顔

NK細胞療法とは、患者の免疫力を高めることによってがん細胞を退治する新しいがん治療法です。患者の免疫細胞を利用するため副作用がなく、ほぼ全てのがんに適用できるといった特徴を持ちます。また、他の治療法と併用することもできます。

詳細を確認する

関連サイトを見る

  • 免疫療法のアベ・腫瘍内科・クリニック

    癌治療なら経験豊富な医師が在籍してるクリニックで受けませんか。優良医院ならサイトで確認しておきましょう。